夫が転勤になったときについて

サラリーマンの夫を持っているため、転勤というのはつきものです。
幸い、今の家を建ててからは5年ほど転勤になっておらず、持ち家に住んでいます。
しかしこれからのことを考えると、夫がもし転勤になったときにどうするかという問題は常に考えておく必要があります。
この件については主人とも折折、話をしています。
近所でご主人が転勤になり、単身赴任をしている家庭も何件もあります。
うちの場合も単身赴任という選択肢も一つです。
その場合は、二重生活になるため、家賃、光熱費、食費などが今よりもかなり多くかかることを覚悟しなくてはなりません。
単身赴任を決めた場合には経済的に足りない分を私がパートにでて補うという形にすると考えています。
そうなった場合には子供の世話を実家の母が元気なうちは少し手伝ってもらうことになりそうです。
会社からの単身赴任手当は子供が小さいうちは、自己都合ということで少ないようです。
家を売って夫の転勤先に移るというのも一つだと考えています。
ただし、これは子供の学校の関係もあるので、小学校も低学年から中学年のうちまではよくてもその先は厳しいと考えています。
うちの近所でも最近何軒か売りに出している家もありますが、不景気なこともありなかなか希望の値段では簡単に買い手が見つからない状態のようです。
家でもいざというときは家を売ることも考えていますが、その時に少しでも良い状態に家を保っておきたいと思っているので、フローリングの部分などに傷がつきにくいように工夫をしています。フローリングの大部分には絨毯をひいて使用しています。
いざ転勤となったときにあわてふためかないように、不動産についてチェックしたり、少しでも情報収集するなどしてそなえたいと思います。